恋愛視線テクニック④「3S」

「3S」とは?

恋愛での視線テクニックに「3S」というテクニックがあります。

「3S」の意味

・ 視線「Sight」
・ ほほ笑み「Smile」
・ スキンシップ「Skin-ship」

英語の頭文字3つを指して、このように呼んでいます。

簡単にテクニックを言ってしまうと、

目を見て、ほほ笑み、さりげなくスキンシップするというアプローチです。

 

視線、ほほ笑み、スキンシップの「3s」

視線で微笑みかけスキンシップされる。。

過去にそのような体験をしたことがありませんか?

または異性にそのようなアプローチをされたことはありませんか?

僕の場合、つい最近ではキャバクラのコにされました(笑)

でも、このテクニックは何もキャバ嬢だけのテクニックではありません。

仲良くなると、結構あると思います。

ハイタッチなんかはまさにそうです。

スキンシップにも軽いものから意味深なものまで様々。

恋愛でも、異性とより仲良くなるためのシンプルなテクニックだと思います。

 

愛着がわく「3S」の効果

「見る→微笑む→触る」という3つの行動を基に相手との距離をより縮めるテクニック。

「3S」を使うタイミングとしては、初デートの時などに使えます。

お互いまだ距離があり、少し緊張していた時などに有効です。

3Sの効果が、お互いの気持ちをグッと近づけてくれます。

 

①視線(Sight)は“関心・興味“の表す

気になる人との初デートなんて、ほんとドキドキですよね。

視線なんて合わせられない!という人もいると思います。

僕もそうです。

でも、そこは勇気です。

一瞬だけでもかまいません。

最初は見つめるよりも、目が合うことを意識する程度。

見すぎると圧迫感を感じるし、変な感じになっちゃいますよね^^;

自然に目線を合わせるようにすると良いと思います。

 

②ほほ笑み(Smile)は“好意”を表す

目があってニコっとされると、ドキッとしますよね^^

笑顔はシンプルに好意が伝わります。

デートの時以外にも、初めて会話するキッカケに。

友達になるキッカケも、この「視線→ほほ笑み」の流れで作ることがあります。

 

③スキンシップは”温かみ”を表す

最後のステップ「スキンシップ」。

これが強力です。

お互いに異性としての好意があればグッと距離が縮まります。

相手に触れることってなかなかないもの。

なのでストレートに温かみや愛情が伝わります。

最初は軽く肩に触れたり、会話の流れで触れてみると良いと思います。

一度相手に触れると、次に触りやすくなりますし、相手も受け入れやすくなります。

これはパーソナルスペースが関係しています。

※スキンシップの注意点

注意点としては、過度なスキンシップは相手に引かれてしまいます。

相手のパーソナルスペースを見極める材料として使うのもアリですが、お互いの雰囲気を見て使い分けてみてください。

 

「3S」は雰囲気作りが大切

「3S」は他の人の視線が入らないタイミングがベターです。

そして“さりげなく“ですね。

またこれは僕の経験上ですが、ある程度関係性ができている人でないと引かれます。

ここでいう“関係性“とは、安心感を持たれているかということ。

初デートでもそうですが、お互い距離があり、何も思わない相手に「3S」を試みても距離が遠くなる可能性もあります。

なので、2人の距離感を意識して、気持ちを高める雰囲気を作ることが大切です。

雰囲気作りを良くするためには、2人の物理的距離間も大切です。

男女は仲良くなるほど、距離が近くなります。

仲良くなるためには、まずは安心感と異性としての魅力を相手に伝える必要があります。

距離が近づいたところで、異性としての未知な強さ(ミステリアスな人間性)であったり、ルックス、ユーモアな会話などの魅力がより引き立ちます。

そこで、より効果を発揮してくれるのが「3S」になります。

 

雰囲気作りの演出して、“匂い”も魅力の一つ。

例えば女性ならこのような香水がありますよ↓

ベッド専用香水「リビドーロゼ」

いきなりベッドイン!とはならないと思いますが(笑)

でも、すごいいい匂いでしたよ^^

イランイランのローズ系の香りのようですね。

僕は好きな香りです。

 

=キャバ嬢との「3S」=

例えば、キャバ嬢が関係性を無視して、このテクニックを使うとします。

それで心が動く男性心理は、女性を知らないか、体目的かです。

多くの男性は警戒します。

それは客とキャストという関係性だからです。

上手い女性は2人の距離感を掴んでしてきます。

それは普通の恋愛も同じだと僕は思います。

 

まとめ

「3S」のテクニックは“視線“が軸になるテクニックです。

方法はシンプルですが、タイミングのセンスを問われるテクニックだとも思います。

まずは「見る→微笑む→触る」ことをスムーズにできる関係を作ってみてはいかがでしょうか^^

関連記事

ページ上部へ戻る