視線をそらす男性心理4つ

目をそらす男性心理とは

好きな男性と目が合うんだけど、目をそらされる。

「もしかしたら嫌われてる?」と悩む人もいると思います。

ここでは男である管理人の心理も添えて「目を逸らす男性心理」についてまとめてみました。

 

①好きだから直視できない

女性同様、男性にも好きだからこそ素直に相手を見られないことがあります。

恥ずかしくて目を背けてしまう。

僕もよくあります。

「やべ、目合った」

と内心恥ずかしくなったりします(笑)

女性同様、男性にもある心理です。

 

②「緊張感」からくるもの

視線をそっと下にずらす場合は、緊張感の表れです。

相手は何かしらの緊張感をあなたに抱いています。

人見知りな性格か、嫌われたくないほど好意を抱いているのかどちらかのパターンが多いです。

「好きなのかわからないけど、なんか緊張する」

よくよく考えてみると、意識してる。

そういう時ってよくあります。

 

③無言の断り「ごめん避け」

相手から恋愛感情を感じ、それに対してあえて避けるような目のそらし方。

男女共にあります。

好きの場合との見分け方は、その後の付き合い方もあります。

「ごめん避け」は出来るだけ二人にならないようにしますし、一緒にいる時間を避けようとします。

 

④目を合わせるのが嫌い(つらい)

そもそも目を合わせることが苦手。

つまり自分との関わりを提示してくる人を苦手に感じる人もいます。

自閉症気味の人に見られる傾向でもあるそうです。

恋愛以前の、その人の問題です。

心を見られたくない。

人を信じられない。

そういったトラウマがある場合も拒否したくなるようです。

軽い症状として、何か辛い思いをした時、独りになりたい時など、人と目を合わせたくなくなる時があります。

 

目をそらす男心はシンプル

男心はすぐ顔に出ます。

さらに視線の向け方は女性よりもわかりやすいと思います。

もし”好き避け”のような状態をされたなら、気軽にデートに誘ってみてください^^

▼好き避けを見分けるコツ

そしてデートの会話中などに、相手の目を意識してみてください。

会話のネタにこのようなものもありますよ↓

▼「36の質問」と「4分間」

相手の目を見つめる頻度は、二人の距離をグッと縮めるキッカケにもなります。

そのキッカケを作るために、他の要素で2人の雰囲気を高めることも大切です。

例えば”香り”も大切な要素。

女性ならこの香水など↓


ベッド専用香水「リビドーロゼ」

デートの雰囲気にも良い香りの一つだと思います。

僕は好きな香りですね^^

 

まとめ

視線をそらすのは、その場から「逃げたい」という気持ちの表れでもあります。

好きなのに逃げたいとは不思議ですが、そういう経験ありませんか?

綺麗すぎて目も合わせられない。

そんな女心的なことを思う男性もいます。

僕もです(笑)

▼目をそらす女性心理

関連記事

ページ上部へ戻る