見つめ合う心理の応用テク5つ

見つめ合うと好きになる心理

恋人同士など、見つめ合う瞬間はとてもドキドキしますよね。

人は見つめ合うことで、“共感”を感じる脳の神経を刺激し、相手を信頼できるようになるそうです。

「もっと仲良くなりたい」「気持ちを確かめたい」という確認の気持ちが、見つめ合うことで確認しあっているからのようです。

だから見つめ合う時間が長いカップルや夫婦ほど、仲が良いのですね^^

▼見つめ合う時間が長いほど好きになる心理

 

見つめ合う恋人の心理を応用する

“見つめ合う”というのは、何も恋人同士に限ることではありません。

普段のコミュニケーションでも、好きな相手へのアプローチとして応用できることがあります。

マジマジと見るのはおかしいですが(笑)

自然と相手に好印象を与えるアイコンタクトの恋愛心理はあります。

好きな人と会話する時に以下のようなことを意識してみてください^^

 

①話を聞く時→相手の目を見る

相手の話を聞く時に、相手の目を意識してみてください。

当たり前のことのように聞こえますが、これが意識すると中々できなかったりします。

意識することで、無意識のアイコンタクトができなくなることから、不自然に感じてしまうためです。

相手が好きな人ほど再確認しドキドキしてしまうことも有馬す。

ポイントは“相手への意識具合”に気づくこと。

そこからです。

特に男性は元々好きな女性の話す時は、相手の目を見ています。

そこを意識してみましょう。

男性なら自分が相手女性に好意があることを自覚できます。

女性なら相手男性が自分に好意があることに気づけます。

言葉以上に目は好意が伝わるものです。

シンプルに目で相手に好意を伝えてみてください^^

 

②話す時→相手の目を見る

これも当たり前のように聞こえますが、話を聞く時と同じです。

意識すること。

自分が話す時に相手の目を意識することで、どれだけ相手を意識しているかに気づきます。

特に女性は、好きな男性と話す時に相手の目を見つめる傾向にあります。

女性が話す時に目を輝かせて話してきたら、その男性に好意がある可能性が高いです。

男性も女性も優しい目で会話してくれたら、高い好感度が得られます。

もし、アイコンタクトが苦手なら“エンジェルアイ”というテクニックもありますよ^^

 

 

③見つめる時間は「1.5〜3秒」

会話中に見つめる時間は1.5〜3秒を意識してみてください。

できれば「3秒」。

この秒数は相手が気づくか気づかないか微妙な時間でもあります。

僕はある状況で会話をした時に試して恥ずかしい思いをしたことがあります(笑)

▼視線テクニック「3秒ルール」

特に男性は見つめられるのに弱いです。

デートの時なども相手の目を意識してみてください。

気持ちは高まるはずです^^

もう一つ気持ちが高まるテクニックとしては“匂い“もあります。

この香水は男性ウケ良いと思いますよ↓

ベッド専用香水「リビドーロゼ」

イランイラン系の香水ですね。

僕も嗅いだことありますがいい匂いでしたね〜。

これで見つめられるシチュエーションがあったらヤバイですね(笑)

ちなみに男性には「8.2秒の法則」という心理もあります。

男性が恋に落ちる視線の平均時間なのだそうです。

確かに気がある女性にそんなに見つめられたら。。ありますね(笑)

 

④「好き・嫌い」を視線で見分けることができる

人の視線には“好き“な視線と”“嫌い”な視線がパターン化されていたりします。

視線のクセですね。

これがわかれば、軽くデートに誘った時も本当に行きたいのかわかることもあります。

例えば、「今度◯◯に行こうよ!」と誘った時に「そうですね〜」と相手が社交辞令で言っているのか、本心から言っているのかわかるかもしれません。

視線のクセの見つけ方は下記のリンクで!

▼視線のクセを見抜く方法

 

⑤目があったら微笑む

優しい表情や視線を作るのは“笑顔”です。

笑顔を作るのは、相手に愛情を傾けること。

そうすることで、その愛情は目の動きに伝わり、相手に伝わります。

あまり相手の目を一生懸命に見過ぎても逆効果。

一生懸命に見ると、目に余計な力が入ってしまい、いい印象を与えません。

まずは相手と会話を楽しむこと。

そうすることで自然と笑みがこぼれるはずです。

その時の表情はとても優しいはずですよ^^

相手も心地よいはずです。

相手と一緒にいることを嬉しく思いましょう^^

▼視線→ほほ笑み→スキンシップの「3S」

 

最後に

“見つめ合う”ことには生物の神秘的なものがあると思います。

不思議な吸引力というか、そういうものが男女の見つめ合う行為には存在していると思います。

恋愛でのアイコンタクト。

慎重にですが、適度に好きな人にアプローチしてみてください^^

関連記事

ページ上部へ戻る