視線で恋に落ちる「8.2秒の法則」とは?

男が恋に落ちる「8.2秒」という秒数

男性の好みは目線を合わせる時間でわかるかもしれません。

というのも、海外の研究で男性の視線と秒数が一目惚れに関係していることがわかりました。

男性が行為を示した女性に対しての目線の平均時間が8.2秒だったそうなんです。

面白い研究をしますよね(笑)

 

「8.2秒の法則」とは?

「8.2秒の法則」が発表されたのは2009年、Archives of Sexual Behavior誌に掲載された研究論文です。

この学術誌によると、イギリスの大学で以下のような実験を行ったようです↓

8.2秒の実験内容

男子学生を集め、初対面の女性モデルや女優たちを、次々と目の前に立たせた。(なんてうらやましい実験だw)

学生たちの目の動きに注目し、彼女たちをどう捉えていたかを隠しカメラで撮影。

そこから比較・分析を開始

比較分析終了後、「この子いいなぁ、ステキ」と男子学生が見つめていた平均時間が”8.2秒”だった参照記事:8.2 seconds needed to fall in love

一方、女性にも同じ実験を行ったそうですが、女性にはその法則が当てはまらず、好きでも嫌いでも視線を外す結果になったそうです。

この実験からも、男女に視線の違いがあることがわかります。

この実験を個人的にまとめてみると、初対面で男性8.2秒以上あなたを見つめたら、その人はかなり好意を持っているという極論になります。

 

惚れる秒数「8.2秒」実験のまとめ

言うても8.2秒って長いですよね(笑)

そんなに見つめる状況ってないです^^;

また見知らぬ男性に、そんなに見つめられたら恐怖すら感じます。

要するにこの実験でのポイントは、

・男性→好きな人ほど見つめる傾向にある(平均8.2秒だった)
・女性→好きな人でも見つめるとは限らない

ということになります。

 

「8.2秒の法則」を恋愛で活用する方法

この長い8.2秒という秒数。

恋愛で応用なんて無理…というわけでもありません。

使い方によっては、ドキッとさせる恋愛テクニックにもなります。

例えば以下のような時に↓

 

①待ち合わせ時間を利用する

top14

8.2秒という時間を恋愛でうまく活用するには、デートの「待ち合わせ時間」を利用すると効果的です。

例えば、電話越しに「今どこ?」とかけてみます。

そうすると相手はあなたに気づきます。

そこでアイコンタクトしながらゆっくり近づくことができれば、8.2秒という時間を稼ぐことが可能になります。

これはメンタリストDaigoさんの恋愛テクニックでもあるようですね。

なるほど、男性としても目を合わせながら会いに来てくれると嬉しい気持ちにもなります。

男性心理から言えば、女性が少し駆け足で表情も優しい感じだと、よりドキッとしますよ^^

相手に“楽しみにしてた”という態度を見せられればOKだと思います。

 

②目線で好みを知る

top13

男性は興味・関心のあるものを長く見る傾向にあります。

なので相手男性の目線から好みを知ることもできます。

例えば、「“あのファッション”や“このメイク”をした時だと見つめてくる時間が長い」など。

目の動向により、女性よりも男性のほうがシンプルにわかりやすいことがあります。

デートなどでも、男性の目線を合わせてくる時間を観察してみてください。

その中に、相手にとってとても魅力的なあなたの何かがあるかもしれません。

僕なんかはおっぱい星人なので、好きなおっぱいなら、まず数秒は目が奪われます。

男って単純です(笑)

▼目線で好意がわかる方法

 

③“遊び”と総じて試す

19

この話をネタにして、相手に見つめさせるという荒技です(笑)

でもドキッとすると思いますよ。

デートの途中で遊び半分にしてみたり。

雰囲気が良い感じに試してみると、相手にとっても良いキッカケになるかもしれません。

できれば人気のない横に座る状態がやりやすいと思います。

雰囲気を出す演出として、これもデートに使えると思います↓

ベッド専用香水「リビドーロゼ」

香りの演出ですね。

目を見つめる時は距離も近いと思います。

その時に感じるのが“その人の香り“。

特に男性は女性のいい匂いに弱いです。

この香水はシャンプーのような匂いがしますね。

良い雰囲気になる確率はさらに高くなると思いますよ^^

男性の意見としてもオススメの香りの一つです。

会話のネタとしては、もう一つ面白いものがありますよ^^

下記リンク記事のネタも、合コンやデート、また恋人同士の親密度が深まるテクニックです↓

▼「36の質問」と「4分間」

 

最後に

魅力的な女性に男性は目を奪われます。

これは間違いないです。

見つめる好意レベルは男女によって違うので、男性は勘違いしないように気をつけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る