視線の会話ネタ「唇を見る心理テスト」

視線テクニック「相手の唇を見て会話する」

視線テクの一つに「相手の唇を見る」という視線の向け方があります。

これは、会話中に相手の唇を見ながら聞いたり話したりすることで、目が伏し目がちになり色っぽく見える、という恋愛テクニック。

たしかに唇を見るというとは、自然に伏し目がちになり綺麗に見えますし、相手にキスを想像させます。

これは男性でも女性でも使えると思います。

▼伏し目で男性をドキッとさせる方法

 

唇の会話ネタでキッカケを作る

会話中に自然に唇を見つめるのも良いですが、会話で見るキッカケにする方が自然です。

もし「何で唇見るの?」と質問された時の対処法としても、唇に関するネタは持っておいたほうが得策です。

実際僕がで使っている会話ネタをあげてみました。

 

話ネタ①:唇でわかる恋愛心理テスト

「唇」を見るとその人の恋愛傾向がわかるらしいよ。といった会話です。

あくまで心理テストなので楽しむのが目的です。

そして唇を見るキッカケにしてしまいます。

 

厚い唇の人はね〜人情あり!」

唇の厚い人は、情が深く温厚な性格な人が多いそうです。

愛情の量も多く、恋に火がつくと、仕事なんかそっちのけ。

恋にのめり込んでしまうのも、このタイプなのだそうです。

 

「上唇が厚い人は、面倒見がいい人!

上唇が厚い人は母性本能が強く、愛情を与えたいタイプ。

男性は面倒見がよく、女性は健気に相手を信じ続けるタイプです。

 

「下唇が厚い人は、甘えん坊さん」

下唇が厚い人は、とにかく愛されたいタイプ。

理屈っぽく、わがままな性格も多いです。

寂しがり屋で愛され上手ですが、流されやすいという点もあります。

 

「唇が薄い人は、綾波レイ」

唇が薄い人は、基本的にクールで理性的。

恋愛中でも冷静です。

また甘え下手なため、つき合っても誤解されやすいタイプなのだそうです。

 

と、唇ネタの話で会話が盛り上がると唇を見やすくなります。

ではもう一つ↓

 

話ネタ②:唇ぼくろの心理テスト

唇にほくろがある人は色気がありますよね^^

唇のほくろには様々な意味があります。

唇にホクロがある相手には、ぜひその会話ネタで恋愛話を盛り上げてみてください^^

あくまで盛り上げて唇を見るのが目的です。

 

「上唇のほくろは情熱的な人」

ほくろの位置でも恋愛傾向に変化があるようです。

上唇のほくろは肉食系、狩人タイプ。

 

「下唇のほくろは小悪魔」

下唇のほくろは、逆に相手に狩りをさせる力を持っています。

不思議な色気があるそうです。

 

「色気がありお盛んですって」

唇のほくろは色っぽいイメージもありますが、性欲が旺盛でもあり、恋愛には情熱的な傾向があります。

またパワフルで行動的なので、リーダーシップを求められたり、高いコミュ力から商談や接待なども上手な人も多いのだそうです。

 

「食いっぱぐれしないんだって」

下唇のほくろは住居の相があり、一生食には困らないと言われています。

「贅沢で裕福な人生」という相でもあるそうです。

 

「唇ほくろはキスが上手い証拠」

「唇にほくろがある人はキスが上手いって聞かない?」

ということを伝えるとキスの話題にもなります。

少し下ネタを入れたいときにも使える話題です。

こんな感じで↓

「唇にほくろがある人は舌使い、キスが上手いって聞かない?」

仲が良い感じなら「試してみる?1回千円ね」とふざけても面白いと思います。

 

2人の時に

相手の唇を見る視線テクは、デートの時など、雰囲気を盛り上げる時が良いタイミング。

雰囲気をつくるキッカケとして、相手の唇を見つめてみるのも良いと思います。

このテクニックの良いところは、相手の目を見ないこと。

アイコンタクトが苦手な人でも、さりげなくできるテクニックです。

唇への視線はキッカケのひとつです。

雰囲気を作るキッカケの一つとしていかがでしょうか^^

雰囲気のキッカケ作りで、こんな香水もありますよ↓

ベッド専用香水「リビドーロゼ」

イランイランのローズっぽい香りです。

僕も嗅いだことがありますが、その場でベッドインにはなりません(笑)

ただ場所によっては良い雰囲気になる香りのひとつではないかなと思います。

パーソナルスペースを意識すると可能性は高まりそうです。

距離が近くなれば、それだけ視線の雰囲気も高まりますしね^^

関連記事

ページ上部へ戻る