目の向きで分かる心理「アイ・アクセシング・キュー」

相手の視線で心を読む

例えば彼氏や彼女が何かぼーっとしてる時、「この人何考えてるんだろう?」と思う時ありませんか?

実は、その心が読める心理テクニックがあることをご存知ですか?

ここでは、その目線で相手の心を読むテクニックについて書きたいと思います。

<目の動きで相手の心が読める>

映画やドラマでも探偵や交渉人が目の動きで相手の心を見抜いたりしますよね。

その方法は「アイ・アクセシング・キュー」というNLP(実践心理学)に基づくテクニックを応用しているものです。

アイ・アクセシング・キューの意味

日本語では“視線解析”と訳されるものです。

相手の目の動きから、相手の動きを読み取ること。

目の動きで視覚、聴覚、体感覚、どの感覚にアクセスしているかを解析するものです。

 

どうやって心を読むの?《目線の方向》

アイ・アクセシング・キューとは「視線解析」。

目線の方向で心の動きを読み取るとこ。

一般的にこのような解釈がされています。

 

縦の目線心理

k_2

視線が上向き視覚イメージにアクセスしている

視線が水平聴覚イメージにアクセスしている

視線が下向き触覚イメージや内部対話にアクセスしている

 

横の目線心理

k_3

視線が左側過去をイメージ「想起・記憶」

視線が右側未来をイメージ「想像・感覚の回想」

 

左を向く心理「記憶」

k_1

左上:過去の体験や記憶を呼び出す

左横:会話や記憶にある音を呼び出す

左下:内面的な自分との対話

 

右を向く心理「想像」

e34

右上:体験してないことへの想像・構成

右横:聞いたことない音への知覚

右下:体感覚情報へのアクセス

 

身近なアイアクセシングキュー

実はアイアクセシングキューが身近にあります↓

例)「右ボタン→進む・左ボタン→戻る」

e35

簡単な事例を出すと、現在あなたが持っているパソコンやスマホです。

例えばブラウザを開くと、「左は戻る→過去」「右は進む→未来」になります。

そして、上下左右の目線の意味を組み合わせると以下のようになります。

※左利きの場合、左右の意味が逆になります。

 

目線解析のまとめ

長くなってしまいましたが、アイ・アクセシング・キューの考え方はざっくりこうなります↓

基本の視線心理

・上→視覚イメージ
・水平→聴覚イメージ
・下→触覚イメージや自分との会話
・左→過去イメージ
・右→未来イメージ

恋愛で活かすには?

上記の視線心理を恋愛に活かすと、このようなアプローチがあります。

・視線をに動かすことが多い → ex.旅行話
…色や風景など、視覚を刺激する話をしてみてください。例えば旅行の話など。

・視線を左右に動かすことが多い → ex.音楽話
…音楽や音など、聴覚を刺激する話をしてみてください。例えば好きなアーティスト歌手の話など。

・視線をに動かすことが多い → ex.マッサージ話
…熱さや重さなど、触覚(感触)を表す話をしてみてください。例えばマッサージの話など。

このように会話を進めると、相手は“フィーリング良いかも“と思うキッカケになるかもしれませんよ^^

 

アイ・アクセシング・キューの注意点

このアイ・アクセシング・キューの考え方はあくまで、統計的にです。

100%ではないですし、状況や話す内容によっても変わるので必ずしもうまくいくとは限りません。

実際僕もこのテクニックを使ってますが、うまくいかないこともあります。

例えば飲み会の時なんてそうですね。

相手が上向きでいるから視覚イメージの話をするんだけども、そこまで乗ってこない(違うことを考えてるから話にのってこないパターン)など。

 

ただ、このテクニックの良いところは、まず気付かれにくいところ。

また誰にも迷惑はかけないですね。

むしろ会話術の向上にとても良いと思います。

目を合わせるだけがアイコンタクトではありません。

相手の気持ちを汲むという意味でも大切なテクニックだと僕は思っています。

 

まとめ

アイ・アクセシング・キューの応用は中々、小面倒な技でもありますよね^^;

6パターンの目の動きで相手と会話を考えるなんて、かなり高度です。

なので慣れるまで、より簡易化したシンプルな実践方法があります。

それが「好き・嫌いの視線」を見分ける方法です。

▼視線で「好き」と「嫌い」を見分ける方法

関連記事

ページ上部へ戻る