眼輪筋を鍛える方法6つ

眼輪筋(がんりんきん)とは?

e2
出典:Girls slim
目の周りの筋肉です。

目のまわりをドーナッツ状の筋肉で覆っています。

主に、まぶたの開け閉めや涙の量を調整してくれる役割を持っている筋肉です。

 

眼輪筋が衰えるとどうなるの?

top1

主にこのような症状が出てきます。

眼輪筋低下のデメリット

・ まぶたのたるみで老け顔
・ 目が小さく見える
・ ドライアイになりやすい
・ おでこがコリやすくなる

眼輪筋が衰えると、下まぶたにたるみやくぼみができて、老け顔の原因になります。

涙袋がある人は特に注意です。

たるみが目立つようになり、「目袋」として敬遠されていく存在になります。

また上まぶたがたるむと、目が小さく見えてしまいます。

ドライアイが起こりやすくなるのも、涙腺のポンプ的役割を果たす眼輪筋の力が低下するためです。

そしておでこのコリですね。

おでこのコリは、おでこや眉間、目元の小シワの原因にもなります。

もう嫌なことばかり起こります…

 

眼輪筋のトレーニング方法

それらの衰えを補う方法が眼輪筋トレーニングです!

しかも簡単にできます!

嬉しいこともたくさんあります。

眼輪筋トレーニングの効果

・目が大きくなる
・涙袋が発達する
・目じわ、顔全体のシワ改善
・一重が二重になる可能性も!
・目の疲れも取れる

アンチエイジング効果から、二重になる可能性も!

嬉しいことばかりです。

眼輪筋は筋肉。

年を重ねれば衰えます。

けど鍛え直すこともできます。

しかも気持ちいいですしね^^

僕は仕事柄、目を酷使しています。

なので眼輪筋のトレーニングはとても助かっています。

目をスッキリさせ、リラックスする意味でも眼輪筋トレーニングは役立ちます^^

では方法です。

 

方法①:目を開いて閉じる

k_28

・ 目をギュッと5秒間閉じる
・ 目を大きく5秒間見開く
・ これを数回繰り返す

 

方法②:目を八の字に動かす

e5

・ 目を大きく見開く
・5回八の字を描く
・ 反対の目で繰り返す

 

方法③:寄り目にする

e3

・ 人差し指を立てる(お菓子でもOKです笑)
・ 遠くを見つめ近くを見る
・ これを8回繰り返す

 

方法④:ぐーーっと横をみる

k_3

・ 目のまわりの筋肉が伸びてることを意識
・ 5秒間その方向をみつめる
・ 違う方向で同じ行程をする
・右が終わったら左と両サイドする

 

方法⑤:ぎゅっと目をつぶる

e6

・ 10秒ほどまぶしい目つきをする
・ その状態で目をギュッと閉じる
・ 数回繰り返す

 

方法⑥:おでこのコリをほぐす

e4

・ 人差し指・中指・薬指の3本の指の腹を使う
・ 3本の指の腹を額に当ててグルグル回す

最後に「おでこのコリ」も解消!
気持ちよくなったところで、最後におでこのコリもほぐしちゃいましょう。
目がすっきりしたのがわかると思います。

以上です^^

 

手順は自由!どの方法でもOK

やり方は、どの方法でもOKです!

目のまわりが気持ち良くなるぐらいまで、試してみてください。

僕も休憩の合間になど、適当な時間にしています。

僕は方法③の寄り目と遠目をよくします。(視力回復にもつながるそうです)

 

まとめ

眼輪筋を鍛えるだけで、目元はグッと上がるし、気持ち良く感じると思います。

プチ整形並みの効果を発揮する人もいるようですよ^^

休憩中、時間が空いた時などに試してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る