愛嬌と視線とボディタッチ

男性が恋愛感情を抱く3つの特徴

・ 愛嬌
・ 視線
・ ボディタッチ

この3つを上手く活用している女性はモテる傾向にあると思います。

男性が恋愛感情を抱きやすい3つの要素。

男性意見としてですが、以下のように自然に活用する女性は素敵だと思います^^

 

①男は度胸、女は”愛嬌”

「男は度胸、女は愛嬌」という言葉があるように、愛嬌のある女性は惹かれます。

ちなみに「愛嬌」という言葉を調べると以下のような意味が記されます。

愛嬌の意味

・ にこやかで、 かわいらしいこと
・ ひょうきんで、憎めない表情・ しぐさ
・ 相手を喜ばせるような言葉・振る舞い

僕は人懐っこさであったり、自然に楽しく話しやすい女性といったイメージがあります。

会社や学校でも、そういった女性は人気がありますよね^^

男性にとっても話しづらい美人よりも、話しやすく可愛らしい人のほうが、恋愛感情を抱きやすいのは確かです。

 

なぜ男性は女性の「愛嬌」を求めるのか?

答えはシンプルだと思います。

その女性に“親近感”を抱き、“癒し”の存在になりやすいからです。

「愛嬌」は誰でも作れる自分のチャーミングな部分。

それは相手に優しさと笑顔を持って接するだけで、相手は感じてくれます。

ポイントは心の距離感と、少しからかうぐらいの御茶目さ。

相手とのコミュニケーションにその要素を加えるだけで、「愛嬌」は出やすくなります。

打ち解ける早さもあります。

自分の心を上手く出す人。

上手く自分の内面をバランスよく表現できるのも愛嬌要素だと思います。

 

②目は口ほどにものをいう「視線」

13

視線には不思議な力があります。

「目は口ほどにものをいう」という言葉もあるほど、人の感情は目に映り、さらに相手へとその感情は伝えられます。

例えば相手と喧嘩した時のあの「怒りの視線」。

それとは変わり、おばあちゃんが孫に見るあの「優しい視線」。

 

恋愛でも同じです。

色気を感じさせる「情感的な視線」。

見つめ合う「情熱的な視線」。

心を包み込むような「潤んだ瞳」。

愛嬌を作る上でも視線は大事な要素になります。

また恋愛感情を抱かせるのに、視線は大切なポイント。

恋愛で相手に視線を送る時は、愛情や好意を持って相手を見てみてください。

その瞳には必ず“気持ち”が伝わります。

こんなテクニックもありますよ↓

▼好かれる見つめ方「エンジェルアイ」

 

③愛情表現の一つ「ボディタッチ」

ボディタッチが多い女性は、“あざとい“とか”軽い“とか、悪くばかり言われる風潮にあります。

確かに狙いすぎてベタベタする女性は“焦り”や“節操がない”印象を与えてしまい、やりすぎは良くないと思います。

けれど、そもそもボディタッチは一つの愛情表現です。

愛情があれば、自然としてしまう行為でもあります。

あからさまではなく、さりげなく。

さりげなくスキンシップするコツは、まずは相手との“距離“です。

物理的距離だけではなく、心の距離。

ボディタッチで距離をつめるのではなく、距離が縮んだからこそ出るような感じです。

なので最初は「肩と肩が少し触れ合う」程度でもOKです。

相手は最初気づかないかもしれませんが、そこまでの距離感にいることが大切です。

相手の心のエリアに入れるぐらい、打ち解けてみてください^^

まずはコミュニケーションです。

▼心のエリア「パーソナルスペース」

 

「愛嬌」「視線」「ボディタッチ」の恋愛テクニック

愛嬌がある女性の視線は柔らかく、温かいです。

なので会話する男性側も自然と笑みがこぼれます。

その時に効くのがボディタッチ。

あからさまにならないようにするには、やはり“距離感”ですね。

デートなら手の会話の流れで、触れてみたり。(心理テストとかマッサージとか)

2人の距離感が良い感じなら、正直なんの話でも相手は受け入れます。

相手だって触れたいし、触れられたいからです。

愛嬌と視線で距離を推し量り、その後でスキンシップを図ってみても遅くはないと思いますよ^^

▼視線→スキンシップの方法「3s」

ページ上部へ戻る