振り返ると目が合う心理

視線を感じて振り向くと目が合う…

振り向くとよく目が合う。

そんな状況で相手を意識したことはありませんか?

視線を感じるのは動物的な感があるそうです。

とは言っても目があったからといって恋がどうかは判断できません。

僕もそれでよく勘違いしたことがあります。

振り返って目があっても気にせず、普段通りに接するのが無難です。

目が合う理由も、

・ 単にあなたの行動や服装などが気になった
・ 単にぼーっとした先にあなたがいた

と、男女の関係での目線ではない可能性もあります。

 

じっと見ていたいのが男心、直視できないのが女心

好きな人を前すると、目で追ってしまう。

これは男女共有です。

しかし、視線を合わせたい心理は男女によって微妙に違います。

あ俺は男女特有の気持ちの違いが関係しています。

▼男女の視線の違い

男性は好きな人への視線の回数が多くなります。

男性によく見られている感覚があるなら、相手はあなのことを意識してる可能性があります。

女性は、好きな人ほど目を合わせられなくなる傾向があります。

逆に興味のない男性ほど直視できるのも女心。

女性と目が合うから「好きなんじゃ?」と勘違いする男性が多いのはそのためです。

 

2人の関係性は?対処的には?

すでに知り合いの場合と、見知らぬ人の場合では好意レベルも違いますよね。

見知らぬ人だと怖いですし、知り合いだといろんな意味で意識してしまいます。

下記には、相手の心理的なことと、無難な対処を書いてみました。

 

見知らぬ人の場合

もし、見知らぬ人から見られていたら少し怖いですよね^^;

でも相手はかっこいい、かわいいという気持ちから目が奪われているのかも。

ただの勘違いで、相手が見ている方向にあなたがいたのかもしれません。

社会人なら場所によってはコミュニケーションをとれます。(イベントや仕事関係、趣味での出会いなど)

ただ他の場合、例えば公共の場面(電車や街中など)は気にしない方が良さそうです。

ナンパとかもあると思いますが、じっと見てたら気持ち悪いですしね^^;

少なからず見られるということは、存在感や相手にとって目立つ何かを発しているはずです。

 

知り合いの場合

もしすでに知り合いの場合なら、見られて違和感を感じることもあると思います。

それは相手があなたを意識しているからかもしれません。

特に女性は、その違和感を察知する感覚が鋭いと言われています。

見られている…?そしれ振り向くと思わず目を逸らす。

もしその状況になったら、少し時間をおいて相手とコミュニケーションしてみてください。

もしかしたら思いもよらぬことかもしれませんよ。

僕は経験がありますが、話しかけると服に変なシールが貼られていたのが気になったそうです^^;

でも、それがキッカケでより仲良くなったことがあります。

視線に気づいて、コミュニケーションしてみるのも大切ですね^^

ページ上部へ戻る