まばたきが増える心理5つ

まばたきが多いと気になる会話

会話中に相手のまばたきが多くなったり、目が泳いだりしてると気になりますよね。

「何ソワソワしてるの?」
「なにか隠し事してる?」

と気になり始めたり。

でも本人に聞けない状況もありますよね^^;

ここでは、まばたきに関する人の心理と恋愛についてまとめてみました。

 

まばたきが増えるのは「緊張度」

k_15

まばたきが多くなるのは、相手が不安や緊張を心に持っていた時に起こりやすいです。

まず、まばたきの通常の回数はこちら↓

人の平均まばたき回数(1分間)

・ 成人男性20回程度
・ 成人女性15回程度

だいたい3~4秒に一度が通常のまばたきです。

男性の方がやや多めです。

男性が多い理由として、野心や攻撃的といった本能部分が関係しています。

活発で野心家、攻撃的な性格という人は、まばたきが普通の人より多い傾向にあるようです。

 

まばたきが増える心理

会話中に平均値よりもまばたきが明らかに多い心境は、感情の揺れがあるようです。

緊張や不安を抱えているからかもしれません。

以下のような心理が考えられています。

 

①リラックスするため

緊張をほぐそうと瞬きを多くする場合もあります。

まばたきすることで脳をリフレッシュさせるためです。

 

②隠し事や嘘への緊張から

この場合、口調にも注目してみてください。

人が何かを隠し事をする時は早口になったりします。

 

③愛情・好意からの緊張

好きで緊張することもありますよね^^

「失敗しないように…」「嫌われないように…」

そこから生まれる緊張と不安です。

 

④野心家・好奇心から

男性のまばたき平均が多いのは、本来の男性本能が野心や好奇心が強いからと言われています。

良い意味での緊張感でしょうね^^

 

⑤会話の内容にストレス

会話中に話した内容に何か圧力やストレスを感じたのかもしれません。

あなたが話している時に相手のまばたきが不自然に多くなったら、何か心を動かされているのかもしれません。

 

まばたきで恋愛感情は分かる?

まばたきの回数だけでは、正直わからないと思います^^;

個人差もありますし、会話の内容にもよります。

ただ、「まばたきの回数=緊張度の指数」と感じておけば、会話の対応や接し方を相手に合わせやすくなります。

まばたき以外にも、相手の仕草やしゃべり方で緊張具合がわかる時もあります。

わからなくても「緊張してるのかな」「何か言ったかな」と相手を思うと、コミュニケーションや距離感にも自然に“間“を作りやすくなります。

相手との距離感のバランス観察の1つが、まばたきの動きになります。

 

まばたきを“ゆっくり”してみる

まばたきの視線テクニックに、ゆっくりとまばたきすることがあります。

ゆったりとしたまばたきには“好意”や“深い共感”を相手に伝える効果があります。

深く頷いたりするときに瞬きパチパチだと、見てる方は落ち着きませんよね^^;

ゆっくりした動きには、相手を落ち着かせる効果があります。

またゆっくりな目の動作で、妙に色っぽく感じることもあります。

まばたきだけではなく、ゆったりとした仕草は、色気を醸し出します。

表情、聞き方、しゃべり方、仕草を優しく丁寧に。

その仕草は緊張した相手をリラックスさせ、あなたとの関係を心地よく感じるかもしれません^^

▼ゆっくりまばたきする方法

ページ上部へ戻る