女性会話の恋愛視線

女性の話す時の視線に注目

基本的に女性は話す事(言葉でのコミュニケーション)が好きです。

・ ガールズトーク
・ 井戸端会議
・ 女子会

このようにいろんな言葉がありますよね。

好きな理由として、本能的な意味合いもあります。

女性のトークは基本的に終着点のない「話の流れ」「話す経過」を楽しむ傾向があります。

それは相手との「共感」「賛同」を深めるのが目的だからです。

 

好きな男性の前では、話をする時に見つめる

女性は、好きな男性と話している時に相手の目を見つめやすくなります。

「自分のことを知ってもらいたい」「共感してもらいたい」という気持ちが強くなっているためです。

女性は男性よりも共感や賛同してほしい本能・親和欲求が強いです。

好きな男性の前で、話をする時に見つめてしまうのは、親和欲求が強くなっているからなのかもしれません。

 

共感して欲しいのが女心

女性は好意のある男性ほど、共感して欲しい気持ちになります。

それが話す視線となって現れます。

ここで勘違いしやすい男性はやらかします(僕はよくあります)

例えば「相談」です。

女性の相談は解決して欲しいわけではありません。

女性の相談は共感して欲しいんです。

僕はつい癖で解決策を言ってしまいます。

このパソコンの話などがまさにそうです↓

e36

この女の子はパソコンの直し方(解決)を知りたいのではなく、パソコンができない気持ちを共感してもらいたかった。

という男女の会話での違いを漫画にしたものです。

ちなみにこの漫画です↓

▼モテるマンガ

どストレートなタイトルの漫画ですが、かなり面白いですよ!

電子書籍だと、サンプルで一話分読めます。(僕は一話でファンになりました)

 

直視できないのが女心

また女性は、好きな男性のことを“直視して見つめられない“という女心もあります。

もし、気になる女性と話す時に、相手が目をそらしたりしても、それは恥ずかしさや照れからきているのかもしれません。

もしそんな女友達がいたら“避けられてる“と思わずに、少し様子を見てみると良いかもしれません。

もしかしたらあなたのことが好きなのかもしれませんよ^^

 

女性の話を聞く視線に注意

逆に目をそらさずに、目を合わせて話を聞く女性もいます。

男性が勘違いしやすいのが、このシチュエーション。

よく目が合う?=好き?と思い違いしてしまう状況です

しっかりアイコンタクトがある聞き上手な女性。

「おれのこと好きだから目が合うんじゃ?」と男性は思うのですが、女性は好きな男性以外の話を聞く時に目を見つめることはよくあります。

その方が会話が弾むからです。

例えば女性と話していて、アイコンタクトしながら話を聞いてくれるからといって、それが恋愛感情からくるものとは限らないということです。

▼男女の視線の違い

 

まとめ

女性は好きな男性に対してほど、「共感してもらいたい」気持ちを言葉にして伝えます。

その時の気持ちが視線になって現れやすいです。

好きな女性の話を聞く時に相手の目を意識してみてはいかがでしょうか^^

あなたに対する気持ちが垣間見えるかもしれません。

▼男性会話の恋愛視線

ページ上部へ戻る