カラコンの洗浄保存と注意点

初めてのカラコンお手入れ

top7

カラコンを初めてお手入れする時って少しドキドキしますよね^^;

いくつか注意点もあるので、気をつけましょう。

カラコンを外す前にまず用意しておくものがあります。

用意するもの

・洗浄保存液(※水道水はダメです)
・保存ケース
・目薬

1ケースまとめてセットしておくと便利です。

ほこりやゴミが入らないように、慎重に保管しておく必要があります。

 

手順①:まず手を洗う

まず、手を席巻で洗って清潔にします。(水洗いだけではダメ)

手を清潔にしたらカラコンを外します。

 

手順②:こすり洗いする

手のひらにカラコンをのせたら、洗浄液を2~3滴垂らして、人差し指の腹てこすり洗いします。

表と裏を約10秒程度こすって洗います。

擦り洗いをする時に、一方の方向に向けて擦るようにすると、やりやすいです。

爪をたててレンズを傷つけないように、丁寧にこすりましょう。

 

手順③:すすぎ洗いする

こすり洗いが終わったら、次はすすぎです。

手をくぼませて、そこにカラコンを浸す感じですすぎます。

 

手順④:保存ケースに入れる

すすぎ終わったら、保存液を入れたケースにレンズを入れて保存します。

両目のカラコンを4時間保管したら洗浄が完了です。

保存液(MPS)は、1回ごとの使い切り。

カラコンは、毎回新しい保存液を使用しましょう。

ケースもカラコンの洗浄毎にこまめに洗うことが大切です。

 

※カラコンをしばらく使用しない場合

98

1週間に1度は軽くすすぐメンテナンスが必要です。

保存液を変える習慣を常につけておくことが大切です。

またレンズケースの手入れも大切です。

▼レンズケースの手入れの仕方

 

タンパク除去剤を使ったやり方

手を清潔にした状態で、レンズを保存液の入ったケースに入れます。

その中にタンパク除去剤を入れて、フタをして4時間つけます。

4時間後、レンズとタンパク除去剤入りケースをすすぎます。

再度ケース内に保存液とレンズを入れたらOKです。(メーカーにより保存時間は変わりますが、おおよそ4〜5時間です)

※タンパク除去剤の種類により、手順に違いがある場合があります。期限が2週間以内のレンズは必要ありません。現在ではタンパク除去剤が含まれている保存液も多く販売されています。お手持ちのものと見比べてチェックしてみてください。

 

※ワンデーは絶対に使いまわさない

目によくありません。

最悪失明になる恐れもあります。

ワンデーは洗わず、一日で捨てましょう。

8時間以上の装着もNGで、禁止されています。

 

まとめ

・水道水で洗わない
・手は必ず石鹸で洗う
・保存液は毎回変える
・ワンデーは洗わない

ページ上部へ戻る