【体験】カラコンの眼科検査レポ

初カラコンは眼科で

e28

初めてカラコンをつける時って緊張するし、眼科に行ったほうが良いのか不安になりますよね。

カラコンを初めてつける場合は、眼科で検査してからのほうが良いです。

 

2009年から医療機器になったカラコン

77

実は僕は眼科に行かずに、カラコンをつけてたこともありました。

理由は「大丈夫だろ」という浅い考えで^^;

でも、カラコンのいろんな話や情報を聞くと、不安になり。。

眼科で診てもらいました。(視力の検査もしたかったという理由もありますが^^;)

目の問題はなかったのですが、色々と注意や警告をされました。(カラコンに対して)

眼科医さんからは「目はとても大切だから、常に責任を持って目をケアを徹底してくださいね」と言われました。

カラーコンタクトレンズは2009年11月4日から医療機器化。

現在(2015年)は視力用コンタクトレンズと同じく高度管理医療機器に。

カラコンは医薬品医療機器法の規制対象となっています。

▼厚生労働省HP

国の承認を得たカラコンのみが流通可能になった現在、安全度は以前よりも高まりました。

けど、品質が良くても購入側の取り扱い次第で問題は起きます。

カラコンはネットや店頭で気軽に手に入りますが、全て自己責任です。

初めての人、また今まで行ったことのない人は眼科で検査した方が今後のためです。

 

コンタクトレンズ店併設の眼科へ

top7

僕が行った眼科は2つ。

・地元の眼科(昔からある小規模の眼科)
・アイシティ(眼科併設のコンタクトレンズ店)

地元の眼科はダメでした。

カラコンを取り扱っていなかったので、処方してくれませんでした。(一応色々検査しました)

なので次はアイシティへ。

アイシティ(eyecity)

top10

…全国展開する眼科提携のコンタクトレンズ専門店。店舗の近隣に眼科があり、検査後にカラコンを購入するシステムなので安全です。HOYA株式会社が運営。

「初めてカラコンをつける…けど色々と不安」と思う人は、眼科が併設(隣接提携)してるお店に行ってみると良いと思います。

普通の眼科に比べ安く済みますし、コンタクトの付け方や外し方も教えてくれます。

初心者の人はまずはじめに眼科に行って、そこでレンズを買うのが一番オススメです。(その日に買わなくても大丈夫です)

 

診察時間は1〜2時間

眼科に行くときは、時間に余裕を持って行きましょう。

初めての場合は、色々な検査やレクチャーも含め1〜2時間ぐらいかかります。

 

処方箋の有効は半年間(6ヶ月間)

処方箋だけもらって、コンタクトは後で購入という方法もあります。

まず、何をつけたいか聞かれるのですが、迷っていることを伝えれば、無理には押し売りしてきません。

そうすると費用は1000〜2000円だけで済みます。

もし、そのお店で購入する場合は、処方箋の有効期限は半年間(6ヶ月間)になります。

また、処方箋は選んだコンタクトのみ購入可能なシステムです。

コンタクト併設店で購入の場合は、いくつか目星をつけて行くか、眼科で勧められたカラーコンタクトを選んでみると良いと思います。

▼カラコンの処方箋について

 

眼科にあったカラコン

眼科にあるカラコンは全て、大手医療メーカーのレンズ。

安心度の高いものばかりです。

アイシティにあったカラコンです↓

 

①:ディファイン

ワンデーアキュビューディファイン

最大手レンズメーカー「ジョンソン&ジョンソン」で販売されているカラコン。

安心・安全度も高く、初めての人につけやすいカラコンです。

僕は眼科でこのカラコンを使ってつける練習をしました。

最初は全くつけられず、どれだけ自分がビビりかを感じました。

看護師さん優しかった。。

 

②:アイコフレ

アイコフレワンデー UV【シード】

有名レンズメーカー「シード」のカラコン。

こちらも眼科やコンタクトレンズ店でも販売されている、安心・安全なカラコンです。

直径14.0mmで3種類の色から選べるリングタイプ。

とてもナチュラルなカラコンです。

 

③:フレッシュルック

フレッシュルック デイリーズ【アルコン】

眼科でも買えるハーフ系カラコンとして有名なフレッシュルック。

こちらも有名なコンタクトレンズ会社「アルコン」が販売するカラコンですね。

綺麗な発色が特徴です。

 

男性用にオススメ!「ワンデーオム」

プラスモードワンデーオム【シード】

シードから発売された男性用カラコン。

男性用と言ってもそこまで変わらないように思えますが、基本ナチュラル。

ブラックとブラウンです。

こちらも眼科にあります。

ビジネスシーンに役立つコンセプトとのこで購入してみました。

 

他の眼科にも聞いてみた

話はカラコンと地方眼科事情に戻ります。

ちなみに他の眼科にも色々とカラコンについて電話で聞いてみました。

そのほとんどの回答が「提供している以外のコンタクトの保証はできない」という回答が返ってきました。※地元の眼科です

これは仕方ないことなのかもしれません。

カラコンは高度管理医療機器。

眼科側の立場上、「他メーカーの責任をうちでは持てない」ということでしょう。

そういった意味でも、カラコン装着は自己責任になります。

最初にコンタクトをつける場合は、眼科の併設店で買えるレンズがオススメです。

また、「これまで一度も検査したことがない」という人は一度眼科へ!

目の検査はカラコンをつける上で大切なケアです。

▼カラコンの眼科検査に行く時の方法

ページ上部へ戻る