ワンデーカラコン装着の注意点6つ

ワンデーのカラコンは安くて使いやすいですが、注意点がいくつかあります。

カラコンに慣れ始めてからしてしまうこともあるので、注意です。

 

①繰り返し使うのは絶対ダメ!

「ワンデーを洗浄液で洗ったから大丈夫」と自己判断で使ってはダメです。

ワンデーカラコンは「着ける→外す→捨てる」という使い方を前提に使われています。

簡単に手に入りファッションを楽しめるアイテムですが、※カラコンは医療機器の部類に入ります。
※ 2009年に高度管理医療機器として医薬品医療機器法の規制対象となりました。

無理な使い方をして、目を痛めるのは自分自身の責任。

「もったいない」「気に入ったから」という理由で、ワンデーカラコンの使い回しは絶対にやめましょう。

 

②長時間の使用は避ける

レンズの装着時間は平均6~10時間

ワンデータイプのものは、他のタイプのレンズよりも性能が劣りますので、特に装着時間に注意する必要があります。

長くつけていると様々なリスクが高まります。

DIA(レンズの直径)が14.8のものであれば、長くても6時間程度でやめたほうが良いです。

無論、一日以上使用したら、どれだけ目に負担がかかるか。

角膜炎になったりと、目のトラブルが起きるのは使用者側の責任です。

そういった問題は、正しい使い方をしていない無理な使い方で起きるケースがほとんどです。

 

③カラコンはメイクする前に

ファンデやアイシャドウには油分が含まれています。

せっかく手を洗っても、メイクで油分が手については意味がありません。

メイクの前にカラコンをつけるようにしましょう。

 

④手は必ず石鹸でしっかり洗う

慣れてくると面倒になって省いてしまう人もいますが、必ず手は洗いましょう。

習慣化するのが一番良いです。

人は物事を200回以上すると、それが習慣になるそうです。

水洗いでなく、石鹸をつけてしっかり洗いましょう。

 

⑤カラコンの裏表に気をつける

e27_1

カラコンには裏と表があります。

裏のままつけてしまうと、目のトラブルにつながる可能性もあります。

目がゴロゴロと感じ、痛みや充血などを感じたら注意してください。

表(正常)→フチがおわん形
裏(裏返し)→フチが外側に反転

綺麗な手にのせ、裏表を確認してから装着しましょう。

 

⑥目のメンテ=眼科へ行く

度ありのカラコンは、3か月に1度ほど眼科で定期検査を受けるように言われると思います。

度数が目に合っているかの確認もかねての検査です。

また初めてカラコンを使うときも、まずは眼科へ。

自分で無理にすると眼球を傷つける恐れがあります。

眼科では目の検査やカラコンのつけた方・外し方などを教えてくれます。

 

ページ上部へ戻る