カラコンのバレない着色直径サイズ

黒目は着色直径で決まる

黒目を盛りたい場合は着色直径の大きいものを選びます。

DIAとはレンズ直径のことです。

 

着色直径とは?

k_40

レンズの透明部分以外に着色しデザインされた部分のことです。

着色直径が大きいレンズほど、目が大きく見えます。

 

日本人の黒目は11~12mm

k_32

日本人の目の大きさの平均は11~12mmと言われています。

白目と黒目の比率で言うと、平均が「1:1.5:1」。

理想は「1:2:1」なので、少し小さく感じる人もいます。

参考:瞳の黄金比率「1:2:1」を測る方法

 

12.8mmだとほぼバレない

k_38

例えばこの画像はワンデーアキュビューディファインの着色直径です。

色はブラウンですが、着色直径が12.8mm。

着色直径の大きさが12.8mmのものはほぼバレません。

日本人にとって13mm以下はバレにくい大きさです。

ワンデーアキュビューディファイン

以前彼女がつけていたカラコンでなのですが、意識しないと近くでも気づきませんでした。

気づくと茶色い、自然な瞳と感じました。

多分その時はビビットスタイルだったのかもしれませんね。

 

13.2mm以上だとバレやすい

この着色直径が13.2mm以上になると、気付きやすくなると思います。

カラコン経験者の人は気づくでしょうね。

黒目の直径が0.5mm以上大きくなると、印象がガラッと変わります。

 

13.6mm以上は非常にバレやすい

いわゆるデカ盛りの大きさ。

14.5mmカラコンの一般的な着色直径の大きさが「13.6mm〜14ミリ」ぐらいです。

この大きさだと非常にバレやすくなります。

カラコン経験者じゃなくても気付かれやすくなると思います。

カラコンを取った時の印象が全く違うので、学校や職場では注意。

 

まとめ

目の大きさで印象は確かにガラッと変わります。

けど盛りすぎてしまうと逆に変になったり、印象を下げる場合もあります。

バレない大きさを選ぶときは「着色直径」12.8〜13.2mmのものを選ぶと良さそうです。

物足りなく感じるかも知れませんが、最初はその大きさから試していくと変化がわかりやすいです。

ページ上部へ戻る